スポンサードリンク

2012年11月16日

レンジャー育成考察 ステータス編(素撃ち型)

レンジャーのステータス、装備、スキルについての考察。

昔はどの職に関わらず、キャラの型分けをステータスで分類していた。
何故かと言えば、パッシブ狩りというかステータスの振り方によってキャラの特徴が大きく分かれたからだ。

今はステータスというよりは、スキル主体、戦闘スタイルによって型分けしているところがある。
上位2次職が実装されたころから、その色が徐々に強くなっていたけれども、顕著になったのはR化後からであろう。
主な理由としてはした二つ、
理由1:極端な例を挙げるとすべてのステータスをフラットにしてもそれなりの性能を発揮できる。
理由2:Lv上限が150になったため3−4つのステータスくらいならば100前後にすることが可能である。

ATK、MATK、Flee、Hit、各種ステータスなどすべてのパラメータに仕様変更が入ったため、ステータスだけではキャラクターの特徴が差がはっきりしなくなったことが挙げられる。(昔に比べれば)

そして現在、レンジャーで主な型は2種類あり、素撃ち型(弓狼型)と罠型(Fit型)がある。


【素撃ち型】
言葉通り、ただ単に弓を撃つだけの戦闘スタイル。
キャラが完成した時の火力は凄まじい。
この型が真価を発揮するために3つの条件がある。


・ASPDが高いこと。最終的にはASPD193とする。
・レンジャースキルの一つウォーグストライクを取得していること。
・Lukが高いこと。


この型の肝はウォーグストライクである。
ウォーグストライクは最大Lv5で600%の威力であり、通常攻撃時に{Luk*0.3}%の確率でウォーグストライクが発動する。通称、自動狼。

Luk100とした場合、自動狼発動率は30%。10回攻撃する間に平均して3回自動狼が発動する。
弓による攻撃1回のダメージを1とした場合、自動狼Lv5の1回のダメージは6である。
Luk1の自動狼の発動確率は、{Luk*0.3}%だから0.3%

以上を前提として、
Luk100の場合:弓による攻撃10回のダメージ + 自動狼3回(平均)のダメージ = 最終的なダメージ
10 + 18 = 28

Luk1の場合 :弓による攻撃10回のダメージ + 自動狼3回(平均)のダメージ = 最終的なダメージ
10 + 0 = 10

Luk100はLuk1に対して2.8倍の火力を誇る。


Lukも重要だが、ASPDも重要である。
R化により、Lvキャップが外れたキャラクター(3次職と限界突破したスパノビ)はASPD193が上限値となった。
3次職実装当時は、APSD193を実現するには条件が厳しかったが、
2012年11月現在は、アーティファクト(白羽セット)という装備と課金装備アイテムで割と簡単に実現できる。
でも、お高いんでしょう・・・?
ええ、まぁそれなりに高いんだけども、最終的には揃えたい装備だ。


次に素撃ちレンジャーにとっての各種ステータスの位置づけを考えてみよう。
・STR
空気。いらないってことはないけど。とりあえず1のままでいい。
Lv150になってポイントが余ったら振る程度。重量目的でね。

・AGI
素撃ちレンジャーにとっての生命線。素120まで一直線と考えがちだが、このステータスを以下に低く抑えるかがポイントになってくる。
どのステータスもそうだが素100以降のポイント効率はすこぶる悪い。
Agiを振る最大の目的は、ASPD193を目指すためだ。
今は、様々な装備が充実しており、装備によってステータスやASPDそのものが上昇するものが多くある。
装備に依存するほどAgiを低く抑えて、他のステータスへポイントを割くことができ、キャラ性能の向上につながる。
しかし、装備に依存するほど、お金もかかるわけで。
そこは、各個人の環境または考えによるトレードオフで決めていく。
2012年12月に頭中段装備でASPDが+1される装備が出る予定なので、そこに焦点を当てると、素Agi108が流行りそうである。
Agiには出血耐性と睡眠耐性がある。100になると完全耐性がとれる。(正確には違い、術者と対象のLv差を考慮する必要がある)

・VIT
R化以前であれば、Gvに参加する人しかこのステータスには見向きもしなかった。
レンジャーになりたての頃は、Vit1で構わない。
最終的には70〜100欲しい。
昔は状態異常耐性といえばVitであったが、今はMHP確保する目的で振ることが多い。もちろんスタン耐性も重視されているが。
Vitにはスタン耐性と毒耐性がある。

・INT
特に重要ではない。自動狼(ウォーグストライク)では、spを消費しないのだ。
おそらく挙げても30〜50程度であろう。
とりあえず、素撃ちレンジャーで重要なAgi、Dex、Lukを決めてから考えればよい。それまでは1のままで。
因みにIntは沈黙耐性と暗黒耐性がある。

・DEX
弓と言えばDex命だったのだが、素撃ちレンジャーでは事情が違う。
最初に答えてしまうと素Dex90~100程度で止める人がほとんどであろう。理由は先に述べた自動狼(ウォーグストライク)とLukの関係による
2012年11月時点の素撃ちレンジャーにとって、Dexの役割はHitの確保くらいのものである。

・LUK
一番重要と言っても過言でない。昔はネタステだったのに、ずいぶん出世したものである。
最終的には素Luk100を目指したいところ。
Lukを高くすることで得られるメリットは、火力、完全回避、呪い耐性、混乱耐性、クリティカル。
あとHitも上がったりする。



実際にステータスをどうやって上げていくか……。
3次職への転職はスナイパーLv90でできる。
一番低いLvのレンジャーはLv90ということになる。
と、ここで一つジョブはいくつまで上げたらいいんでしょう? とかよく質問する人を見かける。

答えさせてもらうなら70を推奨する。
めんどくさいと思う場合は妥協することになるが、自分の考えでは60あればいいだろうと考えている。
実際に自分の2匹目のレンジャーはジョブ60で転職した。


話をステータスに戻す。
ここではLv90~100を前提で考える。
素撃ちレンジャーとして生きると決めたなら、転職直後、素Agi100、素Dex90まで振ってよい。
どう転んでもこれ以下にすることは、ほぼないからだ。
※何か特別にやりたいことがあり、特殊な装備を持っているのなら別である。

とはいってもLv90であった場合、Agi100、Dex90はできないかもしれない。
しかし、今は討伐クエストが存在するため、Lv90であっても割りと早くLv100まで到達可能だ。
討伐クエストを回す臨時に混ざるもよし、ソロで討伐クエストを回すもよし。


Agi100、Dex90にしたら、Agiを目標値まで上げ、Lukを上げつつ、Vitも少しずつ上げていく。
といった感じだろうか。


ここは、レベルの上げ方によって変わっていくのだが素撃ちで上げることを前提に考えると上記の通りだ。
Agiの目標値は確実ratorioを動かして決めてほしい。

と、あとで参考ステータスのリンクでも貼っておくかな。

何か長くなったのでこれをステータス編として次回装備編へ続く……、


スポンサードリンク
posted by 塩 at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | レンジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。